会員規約


このページの最後から入会申込書がダウンロードできます。


第1条(目的)
この会員規約は、会員について、定款に定められていない詳細な規則を定め、定款を補足するものである。

第2条(会員種別)
当会の会員は次の4種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。
① 正会員      当会の目的に賛同した個人または法人
② 一般会員(法人) 当会の事業に参加するために入会した法人
③ 一般会員(個人) 当会の事業に参加するために入会した個人
④ 名誉会員     当会に特別の貢献があった個人

第3条(入会資格)
入会希望者はその申込に際し、理事の推薦を必要とする。  
2 新たに正会員となることを希望する者は、定款の目的事項に遊技機設置に関する業務が記載されている法人に限られる。

第4条(入会手続)
入会を希望する者は、別に定める入会申込書を提出し、理事長の承認を得なければならない。
2 正会員となることを希望する者は、入会申込書に以下の書類を添付し、理事長または理事長の指定する者による調査を受けなければならない。

① 全部事項履歴証明書(取得後3カ月以内のものに限る)
② 代表取締役の履歴書
③ 反社会的勢力でないことの表明・確約に関する誓約書兼照会同意書

3 正会員および一般会員となることを希望する者は、理事長の承認後、所定の入会金および初年度年会費を納めなければならない。
4 入会日は、正会員および一般会員の場合は当会が入会金および年会費を受領した日とする。名誉会員の場合は理事長が承認した日とする。

第5条(入会金および年会費)
当会の事業活動で生じる費用に充てるため、会員は入会金および年会費を負担する義務を負う。
2 正会員の入会金は、 250,000円 、年会費は 120,000円 とする。
3 一般会員(法人)の入会金は、 30,000円 、年会費は、 36,000円 とする。
4 一般会員(個人)の入会金は、 10,000円 、年会費は、 12,000円 とする。
5 年会費の計算開始月は、入会日に属する月とする。
6 名誉会員については、入会金及び年会費を必要としない。

第6条(金銭授受に関する規定)
会員は当会に領収証の発行を請求することができる。
2 やむを得ない理由により、当会に払い込まれた金銭を返還する場合、その手数料は振込人が負担しなければならない。
3 当会が振込人を識別できない場合に生じた入会希望者および会員の不利益について、当会はその責を負わない。入金額が不足している場合も同様とする。
4 会員による振込が過払いとなった場合、当会は過払金を予告なく年会費で相殺することができる。

第7条(当会への通知義務)
入会申込書に記載された内容および所定の登録情報が変更された場合、会員は速やかに当会に変更内容を伝えなければならない。
2 会員が当会への通知を怠ることにより会員が不利益を被ったとしても、当会はその責を負わない。

第8条(調査協力義務)
会員は当会が行う調査(業務実態調査、事故調査など)に対して回答する義務を負う。
2 当会は行政庁および関連団体に対し、前項の調査情報を開示することができる。

第9条(助言および指導)
当会は会員に対し、助言および指導を行うことができる。
2 前項のほか、会員は行政庁および関連団体からの指導に従うよう努めなければならない。

第10条(退会手続)
会員は、別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。
2 退会時において、当会は既に払い込まれた金銭の返還義務を負わない。

第11条(会員資格の喪失) 
会員が次の各号の1に該当する場合には、その資格を喪失する。
① 退会したとき
② 成年被後見人または被保佐人になったとき
③ 破産、特別清算、会社更生、民事再生の申立があったとき
④ 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、または解散したとき
⑤ 除名されたとき
⑥ 1年以上会費等を滞納したとき
⑦ 暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という。)であると判明したとき

第12条(除名と処分)
会員が次の各号の1に該当する場合には、正会員は社員総会の決議により、正会員以外の会員は理事会の決議により、これを除名することができる。
① この定款のほか、各種規則もしくは理事会、総会の決定に違反したとき
② 当会の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき
③ 法的な責任を超えた不当な要求行為があったとき
④ 偽計または威力を用いて当会の業務を妨害されたとき
⑤ その他除名すべき正当な事由があるとき

2 社員総会または理事会は、除名の対象となる会員に対し、社員総会または理事会が開催される1週間前までに、理由を付して除名する旨を通知し、決議の前に弁明の機会を与えなければならない。
3 理事会は別に定める規則により、会員に対し処分を課すことができる。

第13条(会員規約の変更)
当会は、運営のために必要と判断される場合、定款で定められた条項を除き、理事会の決定により本規約を変更できる。

一般社団法人日本遊技機専門施工協会 理事会
平成27年9月25日   制定
平成27年11月20日 一部変更
平成27年12月11日 一部変更
平成28年01月15日 一部変更